髪に水銀が蓄積蓄積されているという事実

髪は女性の命でもあります。その中で髪の身体の健康に直接大きく関係していると言われていて、身体の健康状態、心の健康状態を映すバロメーターのような役割ももっていると言われています。

髪の毛を見る事により、その人の健康状態を知る事が出来るとも言われていて、私たちの身体は毎日の食事から摂取した栄養を、心臓や肝臓、腎臓、脳、神経といった生命の維持に直接関係している重要な器官から一番最初に、一番たくさんの栄養を使っています。その理由としては、身体が自分の命を必要としている仕組みとなっています。

髪の毛、皮膚、爪など生命に直接関係のない部分に栄養が回ってくるのは、身体の中でも一番最後と言われています。逆に言うと髪や皮膚、爪など身体の仕組みとしてこういった一番最後に栄養が回る部分が元気な状態であれば、身体が健康であると言えるのです。

髪は心の栄養状態のバロメーターともいわれていて、ストレスに関しては、それ自体が正常な髪を異常脱毛による抜け毛や細毛、薄毛に追い込んでしまう原因となる強力な脱毛促進剤なのです。

育毛を行った場合には、ストレスは心のブレーキとなり発毛や育毛の大きな妨げになってしまいます。人により、心のブレーキとなているストレスが解消されただけで脱毛予防や育毛効果を得る事が出来て、それだけで髪がすくすく生えたり、脱毛が止まったりすることもあります。

一般的にあまり知られてしまいことが、私たちの身体にとって有害な水銀やカドミウム、ヒ素、鉛、銅といった重金属類が日常の食生活を通して食品などから毎日体内に吸収されています。しかし、これらの重金属類は、通常、髪の毛や体毛、汗などを通して身体の外に排泄されているのです。

身体にとって有害な物質を体外に排泄する器官である髪の毛が薄くなってしまったり、なくなったりすると身体は健康からその人の寿命まで大きく影響を受けているともいわれているのです。

私たちの身体にとって有害な重金属類が、髪の毛を通して身体の外に排泄されていることについては、環境問題と身体への影響の面から考える事が出来ます。毒性のある重金属というと、普通は水銀、カドミウム、砒素、鉛、銅などが挙げられます。

金、銀、白金なども重金属ですが希少なのであまり問題にされていません。環境問題を考えると砒素やセレンなどの元素も問題ですが、科学的には金属に副亜mれ手いません。

しかし、逆に生体にとって大切な必須元素はナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、塩素、亜鉛、ケイ素、銅、マンガン、バナジウム、モリブデン、セレン、ヨウ素、スズ、クロム、コバルトなどが挙げられています。その中で、塩素、セレン、ヨウ素、ケイ素以外はすべて、金属元素なので、私たちの身体にとって欠乏してはならない重金属となっているのです。

水銀は、人体にとって有害作用しか持っていないのでしが、セレンや銅は必要な元素の一つになっています。生体内で有益に役立てるためには、量が多すぎてもいけないと言われています。実際に、セレンや銅など、様々なものについてもとり過ぎてしまう事により、有害物質になってしまいます。

過剰な摂取については、毒になってしまいますが、微量であるけれども最低限必要な量を摂取できない場合には、人体に悪影響を及ぼしてしまう重金属もあります。

重金属による環境汚染の公害病なども挙げられますが、何よりも昔の話ですが、何よりたくさんのものを摂取するのではなく、健康を維持する為には、きちんと必要な分だけを取り入れるということが大切になってきます。

健康を維持する中で、実際に髪の毛の状態が良いという人はきちんと栄養素が行き届いていると言えますが、問題を抱えている人は、栄養素が不足しているという事が考えられるのです。

髪を通して体外に排泄される重金属類や防腐剤や合成着色料といった化学物質の量も薄毛よりも髪の毛が多いという人の方が多く排泄されると言われています。

何よりも必要なものを取り入れる事により、健康的な髪の毛を育てる事が出来ると言えるのですが、その中で、不足してしまったり、とり過ぎてしまう場合には、問題を抱えてしまうケースもあると言われています。そのことを把握する事により必要なものを取り入れる事が可能となっていますので、沢山ではなく、必要なものをきちんと補うようにしましょう。

キレイな髪の毛を手に入れるためには、何よりも必要な栄養をきちんと補うという事が大切になってきます。不足してしまう事により、問題を抱えてしまうケースも少なくありませんので、髪の毛を参考に、栄養が十分であるか不足しているかという事を理解する事も可能となっているのです。