カテゴリー別アーカイブ: 豆知識

産後に抜ける髪の原因、正常化するまで

産後には抜け毛の悩みを抱える人も多いのですが、その中でなかなか改善する事が出来ず、不安やストレスになってしまい逆効果となっている人もいます。デリケートな問題なので一人で悩みを抱えている人も多いと言われています。

産後の抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化が主な原因となっています。妊娠中は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンが増えてしまいます。通常、髪の毛は一定のサイクルで生え変わりますが、女性ホルモンが増えると髪の毛が抜けにくくなるので、妊娠中が髪の毛や体毛が増えて毛深くなってしまうという妊婦さんも多いのです。

しかし、産後は女性ホルモンが急激に減少して、妊娠中に抜けなかった髪の毛が一気に抜けてしまうのです。女性ホルモン以外にもストレスや生活習慣に関しても抜け毛に大きく影響しています。

慣れない子育てのストレスや髪が抜ける事によるストレス、授乳やお世話で睡眠時間が少ない、食事をしっかりとれないというような赤ちゃんにかかりっきりの日常で自分の時間もなく、今までと生活環境が変わってしまうという事も問題となっているのです。

基本的なヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期があります。産後の抜け毛については、出産後すぐに多くの髪の毛が一気に抜けてしまい、髪の毛が生えるまでの休みの期間である休止期に入る事により、一時的に髪が少なく、薄くなってしまいます。休止期の2ヶ月~3ヶ月を過ぎる事により、髪の毛が生え始めます。元のヘアサイクルに戻ると髪の量も改善する事が出来ます。

産後の抜け毛については、女性ホルモンの分泌や生活習慣などにより個人差はありますが、一般的には、産後すぐから抜け毛が出てきて、産後半年から1年程度で戻ると言われています。

産後の抜け毛を対策する方法ですが、産後の抜け毛は生理的なものなので特に心配する必要はありませんが脱毛を放っておいてもストレスが溜まってしまいます。少しでも早く回復したいという人は対策を行っていく必要があります。

規則正しい生活をしてリズムを整えるようにして、質の良い睡眠を多くとるようにして、ストレスを溜めないようにする事も大切です。赤ちゃんが産まれたばかりでは、夜泣きなどもあり、赤ちゃんの世話をしながら規則正しい生活をするのは難しいと感じます。

抜け毛の予防になる食事を心がけるようにしましょう。健康的に過ごすためには、カルシウム、タンパク質、ビタミンB群、ミネラルなどを多く取り入れるようにしましょう。

産後の身体の回復については個人差があり、1年以上抜け毛が止まらないという日おもいます。長い間抜け毛が止まらない場合や対策をしても変わらないという場合には、他の理由でホルモンバランスが乱れている可能性や抜け毛の原因もありますので、不安に感じている人は、担当の産婦人科医に相談してみるようにしましょう。

産後は体型を元に戻したいと感じて、無理なダイエットをする人もいますが、それは、髪の毛の栄養不足や抜け毛の原因になってしまい、子育てで忙しく、自分の食事が
疎かになってしまいます。しかし、必要な栄養素をきちんと補う必要があります。

ストレスも抜け毛に大きく影響してしまいます。ストレスは頭皮の血行を悪くして髪に栄養が届きにくい環境を作ったり、ホルモンバランスを乱したり、抜け毛の原因になります。

産後は赤ちゃん中心の生活となってしまいます。育児は思い通りに行かないこともあり、心身ともに疲れてストレスも溜まってしまいます。育児中には周囲の協力を得て、ホット一息つける時間を作ったり、赤ちゃんの成長を楽しんだりして、ストレスと上手に付き合って行くように意識する必要があります。

また、十分な睡眠時間を確保する事も大切になってきます。産後の抜け毛が止まらない時、十分な睡眠がとれているかを見直すもの重要で、日夜問わず、お世話が必要な産後は、しっかり睡眠をとるのは難しいですが、睡眠中に増加する成長ホルモンは発毛促進効果を期待する事が出来ます。

何よりも、日常の生活習慣が変わってしまう傾向にあるという事が問題となっているのですが、その辺を見直して改善する事が出来る点を改善していくようにしましょう。
産後は、イライラしてしまう事もありますが、何よりも赤ちゃんの世話だけでなく、日常にヨガなどを取り入れる事により、ストレス発散などを行う事も出来て、体を動かす事により、自分の中で少しですが、気分が良くなりますので、徐々に自分なりに体を動かすようにして、しっかり十分な食事、睡眠を心がけていくようにしましょう。

個人差で違ってくるので人と比べるとへこんでしまう結果に繋がってしまいますので、自分なりにできる事を行うようにして対策をする事により、産後の抜け毛の悩みを解消に導いていくことが出来ると思います。ある程度になるとパパやお母さんなどに赤ちゃんを預けて自分の時間を作るようにしましょう。

髪に水銀が蓄積蓄積されているという事実

髪は女性の命でもあります。その中で髪の身体の健康に直接大きく関係していると言われていて、身体の健康状態、心の健康状態を映すバロメーターのような役割ももっていると言われています。

髪の毛を見る事により、その人の健康状態を知る事が出来るとも言われていて、私たちの身体は毎日の食事から摂取した栄養を、心臓や肝臓、腎臓、脳、神経といった生命の維持に直接関係している重要な器官から一番最初に、一番たくさんの栄養を使っています。その理由としては、身体が自分の命を必要としている仕組みとなっています。

また、どこかに病気となっている部分がある場合には、その病気を治すために、仕事や運動などで体が疲労している場合には、その疲れを取り除いて癒すために私たちの身体はたくさんの栄養を消費しています。

髪の毛、皮膚、爪など生命に直接関係のない部分に栄養が回ってくるのは、身体の中でも一番最後と言われています。逆に言うと髪や皮膚、爪など身体の仕組みとしてこういった一番最後に栄養が回る部分が元気な状態であれば、身体が健康であると言えるのです。

髪は心の栄養状態のバロメーターともいわれていて、ストレスに関しては、それ自体が正常な髪を異常脱毛による抜け毛や細毛、薄毛に追い込んでしまう原因となる強力な脱毛促進剤なのです。

育毛を行った場合には、ストレスは心のブレーキとなり発毛や育毛の大きな妨げになってしまいます。人により、心のブレーキとなているストレスが解消されただけで脱毛予防や育毛効果を得る事が出来て、それだけで髪がすくすく生えたり、脱毛が止まったりすることもあります。

一般的にあまり知られてしまいことが、私たちの身体にとって有害な水銀やカドミウム、ヒ素、鉛、銅といった重金属類が日常の食生活を通して食品などから毎日体内に吸収されています。しかし、これらの重金属類は、通常、髪の毛や体毛、汗などを通して身体の外に排泄されているのです。

身体にとって有害な物質を体外に排泄する器官である髪の毛が薄くなってしまったり、なくなったりすると身体は健康からその人の寿命まで大きく影響を受けているともいわれているのです。

私たちの身体にとって有害な重金属類が、髪の毛を通して身体の外に排泄されていることについては、環境問題と身体への影響の面から考える事が出来ます。毒性のある重金属というと、普通は水銀、カドミウム、砒素、鉛、銅などが挙げられます。

金、銀、白金なども重金属ですが希少なのであまり問題にされていません。環境問題を考えると砒素やセレンなどの元素も問題ですが、科学的には金属に副亜mれ手いません。

しかし、逆に生体にとって大切な必須元素はナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、鉄、塩素、亜鉛、ケイ素、銅、マンガン、バナジウム、モリブデン、セレン、ヨウ素、スズ、クロム、コバルトなどが挙げられています。その中で、塩素、セレン、ヨウ素、ケイ素以外はすべて、金属元素なので、私たちの身体にとって欠乏してはならない重金属となっているのです。

水銀は、人体にとって有害作用しか持っていないのでしが、セレンや銅は必要な元素の一つになっています。生体内で有益に役立てるためには、量が多すぎてもいけないと言われています。実際に、セレンや銅など、様々なものについてもとり過ぎてしまう事により、有害物質になってしまいます。

過剰な摂取については、毒になってしまいますが、微量であるけれども最低限必要な量を摂取できない場合には、人体に悪影響を及ぼしてしまう重金属もあります。

重金属による環境汚染の公害病なども挙げられますが、何よりも昔の話ですが、何よりたくさんのものを摂取するのではなく、健康を維持する為には、きちんと必要な分だけを取り入れるということが大切になってきます。

健康を維持する中で、実際に髪の毛の状態が良いという人はきちんと栄養素が行き届いていると言えますが、問題を抱えている人は、栄養素が不足しているという事が考えられるのです。

髪を通して体外に排泄される重金属類や防腐剤や合成着色料といった化学物質の量も薄毛よりも髪の毛が多いという人の方が多く排泄されると言われています。

何よりも必要なものを取り入れる事により、健康的な髪の毛を育てる事が出来ると言えるのですが、その中で、不足してしまったり、とり過ぎてしまう場合には、問題を抱えてしまうケースもあると言われています。そのことを把握する事により必要なものを取り入れる事が可能となっていますので、沢山ではなく、必要なものをきちんと補うようにしましょう。

キレイな髪の毛を手に入れるためには、何よりも必要な栄養をきちんと補うという事が大切になってきます。不足してしまう事により、問題を抱えてしまうケースも少なくありませんので、髪の毛を参考に、栄養が十分であるか不足しているかという事を理解する事も可能となっているのです。

髪が一日のうちに抜けていい本数とその理由・・・

人の髪は一日にけっこうな本数抜けているらしいですね!

朝起きたとき枕に抜け毛を発見したり、ドライヤーの時にもたくさんの抜け毛があると、

ドキッとしますが、自分ではどれくらい抜けても大丈夫なのかが分からず、

毎回やばいと思ってしまうんです。

どんなに健康は頭皮の人でも、一日に20本から100本は毎日抜けていて、

それが正常な範囲なので全く問題ないと言われています。

でも・・・どうやってその20本から100本って分かるかな~

シャンプーやブラッシング、普段の生活でも髪は抜けているので、

毎日自分の髪がどれだけ抜けているかなんて数えることは不可能ですよね?

ようは普段よりも多いか少ないか気にすれば、急に抜け毛が増えてきたときに気付くってことですね。

例えば、排水溝がやけに早く詰まるようになったとか、

ブラシに絡まる髪が多くなった、枕にたくさん抜け毛が落ちているなど。

私も抜毛が増えたと思い始めたのは、やはりシャンプーのときにたくさん髪が抜けると感じたのが始まりで、

その時にすぐに抜け毛を減らすケアを始めればよかったのですが、

「まさか自分が・・・」という気持ちの方が大きくて、実際に髪が薄くならないと実感がわかないんですよね~

 

なぜ一日に20本から100本も髪が抜けても正常と言えるのか・・・

人間の髪の毛には一定のサイクルがあり、毛根から始まり髪が成長し伸びて、

それが寿命を迎えて自然と抜け落ちます。

この寿命は大体2年から6年と言われていて、

この寿命を迎えた髪が一日に20本から100本と言うことになります。

その抜けた分だけ新しい髪も生えてくるので量は減ることはありませんよね?

それが髪のサイクルで、正常な場合はこのバランスがきちんと保たれているんです。

しかし、明らかに100本異常の髪が抜けている場合は、

その寿命を全うすることなく何らかの異常が起き抜けているということで、

頭皮に問題があることがほとんどです。

抜けるべきではない髪が抜けると言うことは、

新しい髪の毛もまだ生えない場合がほとんどで、

頭皮が健康ではない場合は新しい髪が全く生えずにどんどん抜けてしまい、

結果ハゲてしまうのです。

ただ、季節的な抜け毛という場合もあり、秋には夏に受けた頭皮や髪へのダメージが抜け毛となって現れ、

一時的に抜け毛が増える場合があります。

この場合は、季節が変わるころには落ち着き、目立った薄毛には進行しないのがほとんどです。

個人的に言えるのは、とにかく抜け毛が増えたと感じたら早急に対処すると言うことで、

薄毛治療は早ければ早いほど効果が出やすく精神的にも楽だと思います。